新着記事

国宝になる「更級日記」 題名に込めた作者の思いとは

平安時代の日記文学「更級日記」が国宝になることが決まりました。 文部科学省の諮問機関「文化審議会」が11月18日(2022年)、百人一首の考案者でも知られる藤原定家が鎌倉時代に書き写した「更級日記」は、国宝に値すると判断しました。
「更級日記」は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)という貴族の女性が、少女のころから晩年までを綴ったもので、自分史の先駆けです。来し方行く末についての思いを、いくつもの和歌をちりばめながら作文したものです。
夢の作文支援センターさらしな堂は、菅原孝標女と同じように自分の思いを自分の言葉で綴るお手伝いをしたいと昨年(2021)始めました。
日記のタイトルが、なぜ当地の小学校(更級小学校)の名前と同じ「更級」なのか関心を持ち、調べてきました。下記のページに、分かったことを書いていますので、ご覧ください。

 「1000年経ても更級は桃源郷?」 http://www.sarashinado.com/2011/07/08/sokan/
 「天皇家の宝物更級日記」 http://www.sarashinado.com/2011/07/16/saratabi45/
 「自分史の先駆け更級日記」 http://www.sarashinado.com/2011/07/16/jibunshi/
 「巧妙に付けられたタイトル更級日記」 http://www.sarashinado.com/2012/01/02/title/
 「更級にあった救済のイメージ」 http://www.sarashinado.com/2011/07/16/saratabi59/
 「さらしなの純白イメージで更級日記」 http://www.sarashinado.com/2012/01/07/154/
 「夫の死が書かせた更級日記」 http://www.sarashinado.com/2011/07/16/saratabi16/

「チュンのあさごはん」を読んだ子どもたちから感想が届きました

創作童話「チュンのあさごはん」の著者から、うれしい知らせが届きました。親戚の方のお孫さんたちに贈ったところ、感想文をもらったそうで、その一部を紹介します。
小学校低学年の子は、夏休みの宿題だった読書カードに「チュンのあさごはん」を取り上げ、感想文と一緒に童話の主人公であるスズメたちと、えさを与えるおばあさんの挿絵をかき写しました。この子は「おばあさん」の挿絵に、亡くなっている「ひいおばあちゃん」の顔を思い浮かべ、「会ったことはないけど、やさしい人なんだなと思いました」と書いたそうです。
小学校受験を控えている子は、面接のときに大好きな絵本として「チュンのあさごはん」のことを話すと言っているそうです。
著者の手元には、創作童話を贈呈した子どもたち全員からの感想文がありました。
画像は、感想文と一緒に読書カードに子どもが描いた絵。ご両親のご了解を得て掲載しました.。

「思いを形に 夢咲く文」ー地域新聞で連載を始めました

 地域のニュースや話題、読みものを掲載する「ちくま未来新聞」に、伝えたい思いを文章にする際の心がけについて、連載を書かせてもらうことになりました。同紙は一般社団法人ちくま未来戦略研究機構が発行するもので、長野県千曲市を中心に取材し、発行は月1回。タブロイド判12ページ、フルカラーです。
 書かせてもらう連載のタイトルは「思いを形に 夢咲く文」。伝えたいことが文章になり、相手に届いたときの喜びは格別であり、そのための方法や心がけを書きたいと思っています。
 連載の初回は7月1日発行の第30号。伝えたい思いの核を見つけることと、読んでもらいたい人を明確にすることの大事さを書きました。31号の第2回では、思いの核は不完全でもとにかく書き切ったという感じのところまで書いてみることをお勧めしました。
 書きたいと思っている方にはそれぞれの事情があると思います。連載を読んでいただいた方の感想や相談をお聞きしながら、続けます。なお、伝わる文章の書き方については、当サイトの「心がけるとよいこと」でも書いています。切り口を変えるなどして、書くことのハードルを低くできればと思っています。
 連載は次のサイトをクリックすると、ご覧になれます。http://sarashinado.com/plus/yumesakubun/

手づくり冊子絵本「チュンのあさごはん」完成

創作童話「チュンのあさごはん」の冊子絵本ができあがりました。著者は「たぬ平とハクビシン」をお書きになった元保育士の女性。家の屋根にすんでいるスズメたちの観察を通して紡ぎだした物語です。
家の庭には小さな鳥から比較的大きな鳥までいろいろやってきます。いのちをつなぐためにそれぞれ懸命です。スズメという小さな生き物ならではの生存戦術を、著者は保育士と果樹農家ならではのまなざしで、優しく楽しく描いています。
B5判、16ページ。表紙絵と挿絵の制作を、童画家のたかおかひさえさんにお願いしました。物語に登場するスズメたちのキャラの描き分けも見どころです。
インクジェットプリンターで印刷、のり付けして製本した手づくり冊子絵本です。さらしな堂に展示しています。ご希望の方には有料で販売しています。

創作童話の冊子制作を進めています 「たぬ平とハクビシン」作者のもう一つの物語

「チュンのあさごはん」という創作童話の冊子制作を進めています。「たぬ平とハクビシン」をお書きになった元保育士の女性のもう一つの物語で、今回の童話の主人公は、家の屋根に住みついているスズメたちです。小さな生き物に寄せるそのまなざしは、幼児の成長に注いできたまなざしと響き合って、著者ならでは物語を紡ぎ出しています。

物語を彩る絵を画家に依頼し、このほど表紙絵と挿絵が届きました。出来上がったら、またお知らせします。

心がけ61 うまく説明できないことが人の心を打つ場合がある

「人の心を本当に強く打つのは多くの場合、言葉ではうまく説明のできないものごとなのです」

これはアメリカ人がかいた世界的なロングセラー絵本「おおきな木」の訳を手掛けた村上春樹さんの「あとがき」にある一文。伝えたい思いを文章にするときの励みになる言葉だと思います。うまく言葉では説明できないことの方が、読者の心を打つことがあるのです。
この絵本は、子ども時代から最晩年に至る一人の人間のために木がひたすら自らの身を文字通り削るお話。親が子どものために献身的に時には自己犠牲を払うことはよくありますが、このお話の特徴は老人になって死ぬ間際まで木がひたすら奉仕するところで、ページを繰っていくと「いいお話だな」とは素直に思えず、複雑な気持ちになります。それでも読み終わると、また読み直したくなったり、抱いた複雑な気持ちの理由を知りたくなったりします。村上さんの言葉のように、強く打たれた自分の心の内実はうまく言葉では説明できないのです。
正しいか間違っているか、はっきり判断のできないことが生きていくときには出てきます。複雑な事情があってどうにも解決できないことがあります。死んだら自分はどうなるのかといった答えの出ない問題もあります。人の心を打つ表現のチャンスかもしれません。

★文章を作るときに普段心がけておくといいことを「心がけるとよいこと」のコーナーで連載しています。

伐られた果樹園を見て思うこと 新聞の投稿欄に

 創作童話「たぬ平とハクビシン」をお書きになった元保育士の女性の投稿が、信濃毎日新聞の建設標のコーナに掲載されました(2022年5月7日付)。十数年前、果樹園を営む中で感じた思いを、現在のご自身に引き寄せて執筆なさったものです。

 プルーンの実には白く薄い粉のようなものがついていますが、雨をはじき病気を防いだり、新鮮さを保つ働きがあるそうです。それがつるつるになってしまっていたことに目をとめたのは、果樹農家ならではだと思います。

さらしなの歌のコーナーを設けました

 さらしなの里で生まれ育ち、定年退職を機に住みなおしを始めました。その中で作っている短歌を「さらしなの歌」のコーナーに掲載しています。これまでは「さらしな堂アネックス」に掲載していましたが、短歌は思いの形の一つなので、こちらに移しました。

 定年前に作った短歌は「さらしなのうた」という本にまとめています。自主制作、自費出版です。

創作童話「たぬ平とハクビシン」 を掲載しました

元保育士の女性からお預かりし、「たぬ平とハクビシン」というタイトルで出来上がった創作童話を、女性のご了解を得て、アップしました。

甥御さんにこの物語の冊子を送ったところ、甥御さんのお子さんから感想が届いたそうです。「たぬ平のやさしさがよくわかった」などと書かれてあり、お孫さんの世代の子どもたちが楽しんでくれたそうです。画像をクリックすると、冊子版がご覧になれます。

改装工事が終わりました お立ち寄りください

 2021年8月に定年退社、閉まっていた実家の大谷商店をさらしな堂事務所に改装していましたが、年内に工事を終えることができました。大谷商店は生まれる前年に開業し、約50年、地域のみなさんにお世話になりました。正面に冠着山(姨捨山)、家の裏はすべて田んぼという立地。当時はまだ水が出るところで、家はほとんどありませんでした。人がたくさん集まるバス停があったので祖父らが商機を見出したようです。
 新潟県に入ると信濃川と名前を変える日本一長い「千曲川」がすぐそこを流れています。小さいころよく遊んだのは田んぼと堤防、河原でした。以来、半世紀。家の裏に広がる風景はほとんど変わりません。田んぼの構造改善事業が行われ、水路はコンクリートとなり生き物はなかなか見られなくなってしまいましたが、その景色にはいまも声を挙げたくなります。
 中学と高校が千曲川の向こう側にあったので、自転車で堤防を走る日々でした。現在は自転車と歩行者の専用道として整備されていますが、当時は砂利道で通る人もほとんどおらず、大きな声で歌うことも平気でした。堤防沿いは子どものころに、国道18号のバイパス敷設が都市計画決定され、今もその計画は生きています。いつまでこの景色が見られるか。
 事務所にはこれまで作ってきた本や冊子、ラミネート加工の文章などを展示しています。大きなテーブルがありますので、座ってごらんください。長年弾く人のいなかったピアノを自宅から移設しました。高校のときお世話になった地元の楽器店に調律してもらいました。間仕切りをし、会議室になる部屋も作りました。改装にあたっては、女性優先のトイレを設置しました。男性優先の小便用トイレもあります。特に冬はご不便があると思いますが、どうぞ、お立ちよりください。

新事業への思い、1枚に

 会社経営をしている方から「新しい事業を立ち上げる思いを文章にしたい」という相談がありました。すでにその思いを文章にしてあるとのことだったので、メールで送ってもらいました。
A4サイズのWordファイル4ページが届きました。地域活動を一緒にするなど長いおつきあいのある方だったので、その方の会社の製品は知っていました。今後は、持続可能な開発目標として世界各国が掲げているSDGsの達成に、さらに貢献する事業にしたいとのことでした。新事業の前段階の事業に取り組んですでに20年、全国各地に200件以上の製品実績があり、人や動物、地球環境にも優しい事業であることが分かったといいます。
製品を導入した方からは高い評価を受け、今後の需要に自信を深めており、現在の製品をさらに使い勝手良くすれば、より多くの人に「しあわせ」を届けることができ、社会貢献性もある、それゆえに、研究や販路拡大に公金の支援を得るに値する事業であると確信したとのことでした。
直接会ってお話を聞いたり、ホームページを読んだりして、新事業に寄せるこの方の思いを、お預かりした文章を踏まえ、A4サイズ1枚にまとめました。
A4、1枚というのは、思いを伝えるときの基本だと新聞記者時代の経験から考えています。取材趣旨や企画趣旨はとにかく1枚にまとめ、届けたい相手に渡しました。伝えたい思いの核心は、1枚がベストだと思います。お知らせしたいことは資料としてPDFなどで添えます。
相談があった会社経営者とは、私案の文章について幾度かやりとりして完成となりました。事業展開のパートナーに読んでもらう基本文書になったと受け止めていただいたようです。

お預かりした物語 16ページの冊子に

 元保育士の女性からお預かりしていた、山のぶどう畑をめぐるたぬきとおじいさんの物語は、手を入れさせてもらったものを女性に読んでもらいました。了解を得て、イラストを入れ、16ページの冊子にしました。タイトルは「たぬ平とハクビシン」。さらしな堂に展示しています。
主人公は、里のおじいさんの家の屋根裏に住む「たぬ平」。ぶどうの収穫時期になると、おじいさんのトラックの荷台にもぐりこみ、甘いぶどうをこっそり食べるのと、故郷の山に行くのを楽しみしています。まだ星が光る夜明け前、たぬ平は荷台で歌います。
 山みち坂みち おいらたちの世界
 山のともだちのにおいがする
 山の畑のぶどうはとても甘くてたくさん食べたいのですが、「おじいさんのぶどうだから」と控えめにします。収穫が始まって何日かしたとき、おじいさんの畑が鼻筋の白いハクビシンの被害にあいます。ある日、遠慮なくぶどうを食べるハクビシンと出会い、たぬ平は「そんなに食べるな」といさめます。したがってくれたので喜んでいたのですが、ハクビシンをとるために仕掛けられたおりにたぬ平がつかまってしまいます。ハクビシンはたぬ平におりが仕掛けられたことを知らせていなかったと後悔し、生き延びるためのアドバイスをします。たぬ平はお得意の化ける術を使って….。動物と人間の関係といったことも考えさせられます。
 業務用の編集ソフトで制作、市販の用紙を使って事務所のプリンターで印刷しました。ホチキスで中綴じした冊子や、見開きを二つ折りして背の部分を糊付けした冊子などにしてあります。表紙はわたしの仮のデザインです。物語の文章がデーターになっているので、あとがきを加えたり、デザインを変更したりすることも簡単にできます。

元保育士の女性から「物語」を預かりました

 保育士だった女性から、以前に書いていたという原稿をお預かりました。カルチャーセンターの作文講座で提出したものだそうです。最初に連絡をいただいたときは、エッセイのようなものかなと思ったのですが、そうではなく、山のぶどう畑をめぐるおじいさんとたぬきの童話タッチの物語でした。
作文講座の講師からは「もう少し整理を」と指摘され、そのままになっていたと言います。私は読んでみて、確かに講師の指摘は当たっているけど、不思議な物語だなと感じました。不思議というのはなんか面白いという感じで、どうしてそう感じたのか、気にとめていました。新美南吉の「ごんぎつね」を思い起こさせる物語だと思うようになりました。
女性にまたお会いしたときに、「不思議な物語」であることを伝え、ちょっとよく分からなかったことや、この物語を作った経緯などをお聞きしました。女性は東京で保育士の仕事をしながら、郷里の実家のぶどう畑の手入れや収穫を手伝うことがよくあり、そのときの実体験をもとに、お話を作ったとのことでした。
物語には、ハクビシンが登場します。ハクビシンは畑の恵みを食いあらす動物ですが、ハクビシンを単なる厄介ものとして扱っていません。
文章の手直しをするご意向はないとのことでした。もったいないので、私の方で手を入れさせてもらっています。

作文の心がけを随時アップ

 伝えたい思いを文章にするには、日々の暮らしで心がけておくとよいことがあります。何を伝えたいのかよく分からないけど、とにかく伝えたいことがある…という「思い」を持っている方もいるでしょう。
「思い」という核があれば、表現という目標に向かって進むことができます。目標が見つかれば、実現するために努力するだけです。文章にするための努力とはどのようなことなのか。さらしな堂の経験などを、随時アップしていきます。遠し番号をふってまず「新着記事」に掲載、そのあと、メニュー欄の「心がけるとよいこと」に収容します。

伝えたい思い、伝わる表現

 長野県千曲市にあるさらしなの里の「さらしな(更級)」は平安時代、「更級日記」の題名になりました。日記の中にこの里のことは全く書かれていないのに、どうして題名になったのか…。疑問を解くうちに、「さらしな」という地名が持つ特別な魅力、日本の歴史を貫く美意識が分かってきました。
 多くの人に知ってほしいと思い、フリーペーパー(更級への旅)を発行、ホームページ(さらしな堂アネックス)に掲載し、本(制作書籍)や冊子を作ってきました。その経験と長く新聞の文化部記者としてつちかった編集力をもとに、伝えたい思いがある方のお手伝いをします(詳しくは作文、冊子・本作りのお手伝い)。
 ご相談内容を踏まえ制作費用の見積りをご案内します。思いの形のご提案もしたいと思います。
 さらしな堂のメールアドレス:info@sarashinado.com